姿勢@親力-7 脚

★このブログ記事は、にこにこ堂発行の無料メルマガ【姿勢@親力】の内容を転載したものです。

  メルマガのご登録はこちらから↓
  https://55auto.biz/niko2do/touroku/entryform5.htm

■□■━━━━━━━━━
     姿勢@親力-7
------------------------
 脚はまっすぐかな?
   (O脚・X脚)
▼対象:10歳くらいから
━━━━━━━━━■□■

○○さん、おはようございます(^ヮ^)丿 にこにこ堂の田中センセです。

さて、今日はいよいよ全体へ!
O脚&X脚をチェック&矯正です。

■だたし、今回は、10歳以上のお子さんだけが対象です。
(詳しくは、最後に説明します↓■の部分)

┏━━━━━━━━━━━
【O脚とX脚のチェック】
------------------------
左右の足の「ツマ先」と「カカト」を付け、真っ直ぐ立ちます。
 ↓ ↓ ↓
この状態で、以下の4ヶ所が付いているか、チェックしてください。

ポイント1.太モモ(股下)
ポイント2.ヒザ(上部)
ポイント3.ふくらはぎ
ポイント4.くるぶし(足首)

--------------
●図解はこちら↓↓↓
 PC → http://niko2do.com/NSzukai/page015.html
 i-mode → http://niko2do.com/M/i/okyaku01.htm
 Softbank → http://niko2do.com/M/j/okyaku01.htm
 EZweb → http://niko2do.com/M/ez/okyaku01.htm 
━━━━━━━
 <判定>
--------------
ポイント1~4の4ヶ所すべてが付いていれば、OK!
逆に、1ヶ所でも離れていれば、×です。

ちなみに……
 ↓↓↓
O脚 → ポイント4が付いている + ポイント1・2・3が付かない脚
X脚 → ポイント1&2が付いている + ポイント3・4が付かない脚
┗━━━━━━━━━━━

さて、お子さんの脚は、いかがでしたか?

実は、O脚・X脚とも、そもそもの原因は、脚の「ねじれゆがみ」なので、
どちらの場合でも、まずは、O脚の矯正をしてから、様子をみてください。


そう。
X脚とは、O脚の「ねじれゆがみ」だけでは、「外部からのゆがみエネルギー(▼↓)」を
吸収しきれなくなったので、さらにねじれて、もっとゆがみエネルギーを緩和させようとした状態。

▼「外部からのゆがみエネルギー」とは、外反母趾や、骨盤、股関節のゆがみからの影響。


また逆に、そうした脚の「ねじれゆがみ」が存在することも、元のゆがみだった他の部分へと、
ゆがみエネルギーを伝えます。

そう。
2ヶ所以上のゆがみが、手に手を取り合って、ゆがみの補正をし合い、さらに悪循環に……。(-_-メ)
→これって、罠ですね、もう。(T_T)


脚の方では、一生懸命、カラダのバランスを取ってくれているのですが(それなのに!?)、
関節や筋肉が、O脚やX脚の状態に固定されると、逆に、それが周囲の関節のゆがみの元凶に。(T_T)

だから、脚のねじれゆがみがなくなると、
他の部分のゆがみも、正しくなりやすく(矯正の効果が出やすく)なり、
それがまた、正しい脚のカタチへ……と、いい循環に変化してきますからね♪(*^^)v


と、充分に脅した?ところで……、「ヒザ下のねじれを戻す」体操を。

┏━━━━━━━━━━━
【O脚スクワット】
------------------------
1)足幅を「できるだけ広め」にして立ちます。

2)つま先を「できるだけ内側」に向けます。

▼外反母趾ぎみの人は、親指と人差し指の間に、たたんだティッシュなどを挟んで、
 ムリヤリ隙間を広げておきましょう。

3)ゆっくりと、ひざを「正面に向けて」曲げていきます。
 「ひざ下がねじれる感じ」が分かれば、OKです♪

▼「重心は、親指」にかけて。
▼両ひざは付きません。足首が曲がらなくなったところで、ストップ!
▼気持ち的には「ひざを外側に向かって曲げていく」イメージです。

4)ひざがピンとのびる手前まで、もどります。

--------------
★3~4)を20回繰り返す。 1日1回程度。

▼うまくバランスがとれない人は、壁に向かって両手を付いて、
 前に体重をかけるように、してみてくださいね!

--------------
●図解はこちら↓↓↓
 PC → http://niko2do.com/NSzukai/page015.html
 i-mode → http://niko2do.com/M/i/okyaku02.htm
 Softbank → http://niko2do.com/M/j/okyaku02.htm
 EZweb → http://niko2do.com/M/ez/okyaku02.htm
┗━━━━━━━━━━━

さっそく、もう一度【O脚とX脚のチェック】をしてみてください。
スグに効果が出たのが分かりますよ。(^^)v


実は、O脚の人の脚は、ヒザ関節の下の骨が、外向きにねじれて(外旋)して、
筋肉もそれに合わせて、アンバランスに発達してしまっているんですね。

なので【O脚スクワット】をすることで、自分の体重をかけて、
ヒザ下の骨の位置が正しくなるよう、内側にねじり(ひねり)戻す……というワケ。

こうして、骨&筋肉のアンバランスを正すと、スグに脚の隙間が縮みます。
(もちろん、この体操でひざの痛みが出る場合は、お医者さんへ!)


なお、一度、試してもらえば分かりますが、親指に体重が乗らないと、
「ヒザ下がねじれる」感じが、分かりにくいんですね。

つまり、外反母趾の人は、無意識に、O脚へ……となるようなカラダの使い方をしてしまうんです。

なので、ぜひ、2)の▼にあるように、親指と人差し指の間を広げるように固定してから、
体操してくださいね。
せっかくの効果が出なくて、もったいないので!(T_T)


■ちなみに……子どもは普通、7歳位までは、O脚とX脚を繰り返して、成長します。

なので、10歳前後から、このチェック&体操をしてあげてくださいね。
それ以前は、逆効果になってしまうので……禁止。(^_^;)


それでは、また明日(^3^)/~


━━━━━━━━━━━━
 【姿勢@親力】は…
━━━━━━━━━━━━

★毎週、火曜日から木曜日の午前9時頃に発行します。(発行期間は、3週間。)

また、金曜日の正午頃には、
にこにこ堂公式メルマガ『からだを癒すカウンセリング』誌上にて、ご質問にお答えしています。

ぜひ、『から癒』もご登録下さいね。
 PC版→ http://archive.mag2.com/0000105843/index.html
 携帯版→ a7000075662@mobile.mag2.com に空メールを送信してください。
楽しみにしていま~す(^_^)/~

━━━━━━━━━━━━
発行者:にこにこ堂 リセット!セラピスト 田中里美
発行者URL: http://niko2do.com/
裏HP: http://田中センセ.com
━━━━━━━━━━━━
[PR]

by tanaka-sense | 2012-11-20 09:00 | 姿勢@親力
line

子どもの姿勢は、成長期の間に正しくしておきたいもの。 お家でできる簡単な矯正&体操で、姿勢力UP!


by tanaka-sense
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30